電気工事士パグぞうの人生バズ理論

この想いが、誰かの未来を変える。

電気工事2種 実技課題No.9 EET含む、電灯、コンセント回路

スポンサーリンク

接地端子付きコンセントへの配線です。接地端子には緑色のアース用絶縁電線を使用します。接続は他の電線と同様、絶縁被覆を12mm剥ぎ取り、コンセントのアースに差し込むだけです。他のスイッチや丸型シーリングへの配線は、他の課題で行なったのと同様に行います。

 

動作確認の為、部屋のコンセントに接続出来るようコードを取り付け、ランプレセプタクルには電気屋で購入した電球を取り付けています。

スイッチの切り替えによる電球の点灯消灯が確認できました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

↓2019年1月7日追記

本候補問題が2018年12月8日に仙台で行われた下期電気工事士2種 実技試験で、試験問題となった問題です。

本番はランプレセプタクルに近い側の接続部に差し込み型コネクタ、設置端子付きコンセントに近い側の接続部にリングスリーブによる圧着が指定され、その他は候補問題と全く同じ指示となっておりました。

 

リングスリーブの大きさ及び圧着マークには十分注意の上、正確な施工が出来るよう心掛けて頂きたいと思います。

 

こちらの記事で受験申込から合格までを一挙に公開しています。

 

宜しければ読者登録お願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村