電気工事士パグぞうの人生バズ理論

この想いが、誰かの未来を変える。

東日本大震災から8回目の3月11日。史上最悪の大地震を振り返って蘇る想いを語る

スポンサーリンク

20190222084504

こんにちは、パグぞうです。

 

東日本大震災以降、毎年3月11日がやってくる度に、あの悲劇を思い出します。たぶん私だけではないと思いますが、これから何年、何十年経ったとしても、あの地震の記憶が鮮明に残っていればいるほど、思い出してしまうのではないかと思います。

 

私も被災者の一人です。住んでいた場所は震源とは離れていましたので、家屋が倒れたり、車が流されたりといった被害はありませんでしたが、当時は3日ぐらい電気が使えなかったり、ガソリンを買う為に夜中からスタンドに並んだり、生活が非常に不便でした。

 

ニュースを見ると、家が流されてしまった方、大切な人を失った方、ずっと避難所生活を送っている方......あの震災が及ぼしたとてつもなく甚大な被害に、言葉が出なくなります。

 

もしあの悲劇がなかったら、今も家はありました。大切な人だってすぐ隣にいてくれました。今もずっとずっと幸せな日々を送っていたはずです。

 

それがたった1回の、大自然の気まぐれとも言えるたった1回の地震で、全てを失くしてしまうということ。

 

 

私があの震災から得た教訓は、自然災害の前では人がどれだけ無力であるかということ。

 

 

そして、誰であっても幸せな明日など保証されていないということ。

 

 

だから、今日を生きていることに感謝し、毎日必死で、全力で、生きていかなければならないのです。幸せな明日が約束されていないのなら、明日が幸せになるように、精一杯生きていかなければならないのです。

そんなことを感じた、震災から8度目の3月11日でした。

 

ご愛読頂きありがとうございます。

 

読者登録をお願いします。

ランキング参加してますので、クリックして頂けるととても励みになります。


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村