電気工事士パグぞうの人生バズ理論

この想いが、誰かの未来を変える。

【10歳の覚悟】不登校ユーチューバーで人生革命家「ゆたぼん」の想い

スポンサーリンク

こんにちは、パグぞうです。今話題の、「ゆたぼん」のメッセージが私の胸に突き刺さりました。

20190604043935

麦わら帽子がトレードマークの不登校ユーチューバー「ゆたぼん」が話題になっています。

 

10歳の少年「ゆたぼん」のメッセージ

「学校と命やったら、絶対に命が大切や。だから、死にたくなるくらいなら学校には行かんくでいい。それぞれみんなが学びたいタイミングで学ぶねん。苦しみながら学校に行くのはやめよう。」

 

一見、ただ学校をサボりたい子供のワガママのように聞こえてしまう方もいるかも知れません。

 

しかし私は、このメッセージにどれほどの想いが込められているのか、それをひしひしと感じています。

 

人生に絶望したことのある人間にしか分からない景色が、この子には、見えているのだと思います。

 

学校と命だったら、絶対に命の方が大切。「そんなの当たり前じゃん」と大半の人は、鼻で笑って終わりです。そう、当たり前の事なんです。

 

なのに、いざ自分が学校でいじめられたり、クラスで仲間外れにされたりすると、そんな当たり前の事さえも、分からなくなるのです。

 

「学校を休んだらまたいじめられてしまう。仲間外れにされてしまう。だから学校に行かなきゃ。。。」

 

そして学校に行くとまたいじめられ、仲間外れにされ、学校がどんどん嫌いになる。友達も、先生も、家族だって、どんどん嫌いになる。

 

そのうち自分さえも嫌いになる。生きていることすらも、嫌になる。

 

こんなに辛い日々を送るなら死んだ方がマシだと、死を選ぶ子だっているのです。

 

果たして、勇気を持って「不登校」を選択出来る子供は、どれだけいるのでしょうか?

 

 

不登校ユーチューバー「ゆたぼん」は、今もなお、学校に行きたくなくて悩む子供達や、その両親を励ますメッセージを動画で伝え続けています。

自分が不登校でありながら、それを隠そうとすることもなく、恥ずかしがることもなく、堂々と、自分の想いを発信し続けているのです。

 

「でも自分の子供がもし不登校になったら...」

そう考えると、少しだけ考えてしまいますが、おそらく彼はもう子供ではなく、「ひとりの自立した人間」なのではないかと思います。

 

だから彼は、10歳という若さにして、自分の道を自分自身で決め、その道を強く強く突き進んでいるのだと思います。

 

彼が本当に自分の意志で、このような動画をアップし続けているのならば、私は彼の意志を尊重し、応援していきたいと思います。

 

しかしながら、ゆたぼんの発言には既にネット上で批判が相次いでいます。

その批判に、10歳の少年はこれから一生抗って生きていかなければなりません。

 

自分の言葉に責任を持ち、その覚悟を貫いてください。

 

ご愛読ありがとうございます。

宜しければ読者登録をお願いします。


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村