電気工事士パグぞうの人生バズ理論

この想いが、誰かの未来を変える。

MENU

【皆に絶対読んで欲しい】喧嘩して心が腐りそうになったら、考えて欲しい5つのこと

スポンサーリンク

こんにちは、パグぞうです。皆に絶対読んで欲しい、そして忘れないでいて欲しいことです。

20190607114705

「お前なんか嫌いだ」

 

 

「いちいちうるさいんだよ」

 

 

「もう口も聞きたくない」

 

 

「あんたなんかいなくなれば良いのに」

 

 

喧嘩をしたり、怒られたりすると、たとえ相手が正しい事を言っていると頭では分かっていても、心が腐ってしまいます。

 

ついカッとして感情的になると、抑えきれず、つい口に出してしまうこともあります。

 

口に出してしまうと、それを受けた相手の心は絶対に傷付きます。心の傷は、その人にとって一生癒えない傷になることもあります。

 

心を抉るその一言が、一生、頭の中をぐるぐると巡り続けることもあります。

 

現に私は過去に、上司から受けた暴言が頭から離れず、毎日のように夢に出てくる。そんな辛い経験をしたことがあります。

 

その暴言は、消えて欲しいと願えば願うほど、頭から離れず、心だけでなく身体も蝕んでいく恐ろしいものです。

20190607114702

心無い言葉は、時として人の一生を変えてしまうのです。

 

 

心が腐りそうになった時、考えて欲しい

両親、友達、恋人、同僚、どんなに仲が良い人でも、必ず意見が食い違ったり怒られたりする事があります。

 

一緒にいればいるほど、遠慮もなくなり、喧嘩をすることも多くなります。

 

心が腐りそうになります。

 

感情的になれば苛立ち、視野が狭くなります。

 

そんな時、なにもかもリセットして、一度視野を広げてみて下さい。

 

そして、冷静に考えてみてください。

 

相手の言葉の裏に秘められた想いは?

20190608160329

相手は何を考えて、そんなことを言っているのか?

 

言葉の裏に秘められた想いに、目を向けてください。

 

自分はもういい大人だと思っていても、親からしたら、子供はいつまでたっても子供のままです。

 

子供のことを心配するあまり、つい口うるさくなってしまう時もあります。

 

人には、「絶対に譲れない部分」が存在します。ここだけは絶対に自分の意見を曲げられない、そんな相手の意見は尊重してあげる必要があります。

 

一人一人、生まれも違えば経験してきたことも違います。同じ考えを持つ人間など、絶対にいません。仲間外れにならないよう、自分の意見を誰かに合わせながら、生きている人がほとんどです。

 

そんな中で、自分の意見をはっきり述べられる人、よほど強い意志があるのだと思います。

 

その強い意志の根底には、何かその人の辛い過去であったり、苦労した経験があるのかも知れません。

 

むやみに否定せず、理解してあげることも時には必要です。

 

表面の言葉に左右されるのではなく、その裏に秘められた想いに、目を向けてみて下さい。

 

相手のおかれている立場は?

20190608160325

立場によって、人は、言いたくない事も言わなければならない時があります。

 

上司は部下に、厳しく当たってしまいます。部下への期待、あるいは成長して欲しいと願っているから、あるいは、自分が言わなければ業務が滞ってしまうから。

 

上司は、自らが嫌われ役となったとしても、催促しなければなりません。上司だって同じように、上から厳しく言われています。

 

親は自分の子供が可愛くて仕方ありません。だから、保育園の先生や学校の先生に強く当たります。自分の子供を守りたいという想いからです。

 

立場が同じ人なんていませんし、一人一人、大切にしたいもの、守りたいものは違います。

 

その言葉は、自分や自分の大切な人を守るためのものなのかも知れないのです。

 

相手の体調は?

20190608160327

5月病があるように、人には、精神が不安定になる時期であったり、なんだかボーッとする、疲れていると感じる時があります。

 

イライラしていると、思ってもいないことを言ってしまったり、売り言葉に買い言葉、勢いのままにひどい事を言ってしまうこともあるものです。

 

単に相手の言葉をそのまま鵜呑みにするのではなく、相手の体調や、精神的な状態にも目を向けてください。

 

特に自分の妻や、親など、一緒にいる時間が長い人であれば、普段の様子と比べることで、違和感に気付いてあげることも出来ます。

 

その為にも、人と会話をする時には、言葉だけのやり取りをするのではなく、きちんと相手の心に目を向けて話を聞きましょう。

 

相手と過ごした楽しかった日々や、辛かった日々を思い起こしてみる

20190608160322

過去に言ってしまった心無い言葉を、後になって後悔している人は少なくないと思います。

 

言ってしまった言葉は二度と、取り消すことは出来ません。

 

だから、一時の感情で心無い言葉を発するのは、とても愚かなことです。

 

それが自分の大切な人、守りたい人に対してだとしたら、なおさらです。

 

感情的になってしまいそうになったら、相手とのこれまでの日々を、思い返して下さい。

 

楽しい時間を共有した日々、辛かったけど二人で一緒に乗り越えた事、絶対にあると思います。

 

その時感じた相手への想いも、思い起こしてみてください。きっと、感情的になった自分の心を、徐々に鎮めてくれます。

 

空を見上げて、ブログを書く

20190608160707

空って、すっごく大きいです。この空は、世界中の空に繋がっているんだなって、ベタに浸ってしまうぐらい、本当に大きいです。

 

そんな大自然に比べて、今の自分。本当にちっぽけです。自分の悩みなんて、もっとちっぽけです。

 

どうしてこんなささいな事にイライラしていたのだろう。どうしてこんなに視野が狭くなっていたのだろう。大自然を感じると、きっと誰もが、そう感じます。

 

それを肌で感じたら、あとは自分の思うままに、ブログを書いてみてください。自分の感情を、とりとめもなく、たくさん伝えてみてください。

 

そうしたらもう、腐りかけた心はいつのまにか、消えてしまっているのではないでしょうか。

 

おわりに

喧嘩しない人はいないと思います。人とぶつからない人、いないと思います。

 

ぶつかったら、じっくり時間をかけて自分を落ち着かせて、そして、話し合いましょう。

 

話し合って、二人が納得する答えを見つけて、手を取り合いましょう。だめだったら、また、話し合いましょう。

 

喧嘩しても、心を腐らせる必要など、ありません。

 

だって喧嘩は、二人がこれから手を取り合って同じ時間を歩んでいく為に、必要なことなのだから。

20190608160659

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

こちらの記事も読んでみてください。

 

宜しければ読者登録をお願いします。

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村