電気工事士パグぞうの人生バズ理論

この想いが、誰かの未来を変える。

MENU

【苦悩を幸福に】自分を守るのは、決して会社ではない

スポンサーリンク

20190722042613

最近世間を騒がせているお笑い芸人の闇営業問題。ついに吉本所属芸人が引退するほどの、大変な事態になっています。

 

引退会見の中で、こんなコメントがありました。

 

 

「何かあっても会社が守ってくれるだろうと思っていた」

 

 

これは、「大企業に勤める人間にありがちな、自分勝手で間違った考え方」であると私は断言します。

 

なぜなら、会社は決して一個人を守ってはくれないからです。

 

「何かあったら会社が守ってくれる」という考えは、今すぐ捨ててしまった方が良いです。

 

会社は、利益を出さなければ倒産してしまいます。利益を出す為には、社員に働いてもらう必要があります。

 

そして私達は、お金を稼ぐ為に会社に勤めています。

 

私達と会社の間に、信頼関係などないのです。だから、会社の景気が悪くなったら問答無用でリストラを言い渡されることもありますし、私達だって給料が少なかったり仕事内容が嫌であれば退職をすることも出来るのです。

 

私達と会社は、それぞれの幸せの為にただお互いに利用し合う関係でしかないのです。

 

だから、「会社は守ってくれない」というのは、当たり前の事です。

 

自分の身は、自分で守るしかないのです。

 

会社が幸せにしてくれる。上司が幸せにしてくれる。誰かが幸せにしてくれる。

 

そんなの間違っています。

 

自分の幸せは、自分自身で掴み取らなければいけません。

 

だけど、本当に自分の力ではどうしようもなくなった時、潰れてしまいそうになった時、自分を守ってくれるものがあります。それは、

 

「人」です。

 

先輩、同期、後輩、上司、部下です。

 

自分の事をよく知る、「仲間」です。

 

何年も同じ会社で働いて、自分の事をずっと近くで見てきて、喜びも、悲しみも、嬉しさも、怒りも、全てを共にし、いつの間にか強い信頼関係、絆で結ばれている。

 

それが「仲間」です。

 

その絆の強さは、自分がどんな想いでそれまで仕事に打ち込んできたか、同僚に対してどんな想いを抱いてきたかによっても違います。

 

今引退を宣言している芸人も、会社は一切守ってはくれませんでした。だけど、強い絆で結ばれた「仲間」がたくさんいます。

 

だから、絶対に大丈夫。貴方がこれまで築き上げてきた「絆」が、絶対に貴方を幸せに導いてくれます。たくさんのかけがえのない「仲間」に守られているのです。

 

 

学校、勉強、仕事、家庭、、、

生きていく上で、辛い事、苦しい事、たくさんあります。挫けそうになる事、潰れてしまいそうになる事もあります。それは自分だけじゃない、誰だってそう。

 

でも、貴方は一人じゃない。貴方のことを想い、いざという時に守ってくれる「仲間」が必ずいます。だから貴方は安心して、困難に立ち向かえるのです。一歩踏み出す勇気と、その先にある幸せを必ず掴むことが出来ます。

 

 

 

皆さんの大切な「仲間」は、誰ですか?

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村