電気工事士パグぞうの人生バズ理論

この想いが、誰かの未来を変える。

MENU

【苦悩を幸福に】「頑張れ」が時に大切な人を苦しめる

スポンサーリンク

20190802081611

「頑張れ」

 

大切な人に、ついかけてしまう何気ない一言。

 

でもこの言葉は時に、大切な人を苦しめてしまいます。

 

私にも大切にしたい人はたくさんいて、皆必死に頑張っています。毎日必死に頑張っている人にかける「頑張れ」の言葉は拷問でしかありません。

 

「頑張れ」は、言い換えれば「もっと」を要求していることになります。

 

もっとやれるでしょ。もっと成果を出してよ。

 

そんな気がなくても、大切な人を追い詰めていることがあります。

 

だから頑張っている人にかけるべき言葉は、

 

凄いね。良いじゃん良いじゃん。

 

これまでの頑張りを褒め称える言葉。

 

そして、

 

無理しないで。肩の力を抜いて。

 

もう頑張らなくて良いんだよ。と、伝えたい。

 

 

頑張って生きなきゃいけないなんて誰が決めた?好きなことして生きようよ

 

「頑張っている人は偉い」

 

そんな社会だから、頑張り過ぎて疲れちゃう人がいる。

 

人から「偉い」と思われたいだけの人生ならそれで良い。でも、私はそんなのどうでもいい。ただ、自分が幸せになりたい。

 

頑張らなくて良い。人から「偉い」と思われなくても良い。

 

好きなことをして生きたい

 

好きなことをしている時って、時間を忘れませんか?夢中になってしまいませんか?

好きなことばかりの幸せな毎日を重ねた人生は、間違いなく幸せだと思います。

 

「好き」という気持ちはそれぐらい大切で、素敵な感情です。

 

 

自分が好きなことをしているなら、なおさら頑張らなくても大丈夫。

 

だって好きなことをしている時間はきっと、自分では気が付かないうちに、頑張ってしまっているのですから。

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村