電気工事士パグぞうの人生バズ理論

この想いが、誰かの未来を変える。

MENU

【苦悩を幸福に】日曜日の夜の憂鬱を吹き飛ばすたった一つの思考

スポンサーリンク

20191002125043

日曜日の夜。一週間で最も憂鬱な時間。

 

「また一週間が始まる」

 

日曜日の夜に襲ってくるこの思考こそが、私たちを憂鬱にする原因です。

月曜日を迎える度に、また振り出しに戻った気持ちになってはいないでしょうか?

 

でも実際には、「同じ一週間」などないのです。

時間は日々経過していて、私たちは絶えず前に進んでいます。

 

「また一週間が始まる」

この思考は今すぐ捨てるべきです。

 

「同じ毎日の繰り返し」そう感じた瞬間、人生は途端につまらなくなります。

 

代わりに、考えるのです。

 

「次の一週間は何を始めてみよう」

 

これが、憂鬱を吹き飛ばすたった一つの思考です。

 

これまでやってなかったことを、新しく始めてみるのです。

 

何かを始めることをつい面倒に思ってしまう方は多いと思います。それは、新しく始めようと思うものに実はあまり興味がないからです。

興味がないものを無理に始めようといくら頑張っても、出来ないのです。

 

自分が心から興味を持てるものにこそ、人は打ち込む事が出来、時間をかける価値があります。

 

 

自分が何に興味があるのか?を知る方法の一つが、自分自身との対話です。

 

人はみな、自分が思うほど自分自身のことをよく分かっていません。

 

「将来何になりたいかよく分からない」

「何にもやる気が湧かない」

 

 

これらは気持ちの問題ではなく、自分自身をよく分かっていないだけです。

 

自分自身を知ることから始めてみませんか?

そして自分自身の事が分かったら、「次の一週間は何を始めてみるか」考えてみてください。

 

同時に、何を捨てるかも決めてください。

 

時間は限られていて、出来ることには限界があります。だから、自分が今やりたいことだけに時間を使うのです。自分の人生に不要なもの、もしくは今は必要ないと思うものは、思い切って捨ててしまいましょう。

 

 

これから新たな一週間が始まります。それはこれまで歩んだことのない新しい道です。

楽しみでない訳がありません。

日曜日の夜に、憂鬱に襲われる必要などないのです。

 

「憂鬱」に貴重な時間を無駄にされるぐらいなら、「自分との対話」に時間を使いませんか?

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村