電気工事士パグぞうの人生バズ理論

電気工事士パグぞうの人生バズ理論

ご訪問頂きありがとうございます。
電気工事を始め、苦悩な経験で培った教訓、幸せに生きる為の人生観、日々感じたことなどを発信しています。
【これで合格間違いなし】第1種電気工事士_実技
第2種電気工事士合格法まとめ
50%で生きれば良い。心に余裕があれば大切な人に幸せを与えられる
【行かなきゃ損!ツルハフェスタがヤバすぎ】

【苦悩を幸福に】全部自分で抱え込む「無責任」をやめる。誰かが、やれば良い。

スポンサーリンク

20191018183146

責任感が強い人ほど、必要以上に自分一人で抱え込んでしまう。

 

でも、自分のキャパも分かっていないのに、何でもかんでも抱え込んでしまう方が、実はよっぽど無責任です。

 

責任の果たし方は、自分で抱え込む事だけではありません。誰かにお願いし、自らの手を離すことは、無責任ではないのです。

 

 

でも人にお願いする時には、二つの約束事をがあります。

 

一つは、見守ること。時にどんな状況か、様子を伺ってみても良いでしょう。

 

もう一つは、御礼を言うこと。やってくれてありがとうございます。助かりました。

 

 

お願いされた人は、自分に自信が持てるようになり、出来ることが増えていきます。その人の成長に繋がるのです。

 

自分で全部抱え込むというのは、一見責任感が強いように見えて、実は誰かが成長できる機会を奪うことでもあるのです。

 

だから、自分一人で全部抱え込むのをやめる。「誰かがやればいい」

 

そうしたら今よりちょっと、心に余裕が出来ませんか?

www.pagzo.com

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村