MENU
パグぞう
負け犬エンジニア
大企業で10年働く社畜|激務と人間関係で精神崩壊し逃げ出した超負け犬|5社を超える転職サイト登録&転職セミナー受講|現在は自分最優先の働き方と毎日定時ダッシュを実現

■■実績■■
☑ConoHa WING ✕ SWELLでブログ運営
☑月間1000pv、通算40000pvを獲得
☑ブログ歴3年で通算300記事超を執筆
☑Googleアドセンス合格&収益4桁達成
☑Twitterフォロワー350名突破
超厳選!転職サイト5選【20000文字ガチ解説】読む

仕事で上司に怒られるのが辛い理由と対処法3選【ポジティブ変換で即解消!】

  • もう6年目なのに毎日上司に怒られる
  • 僕にこの仕事向いてないのかも
  • 上司が怖い、逃げ出したい

上司に怒られるのが辛いと悩む人は多いはずです。僕も上司が怖すぎて3ヶ月休職したことがあります。

実は上司にどれだけ怒られても全然辛くなくなる方法があります。

この記事では、仕事で怒られるのが辛い理由と対処法3選を教えます。

これを読めば、上司に怒られる恐怖から解放されて、自由にのびのびと仕事ができるようになりますよ。

パグぞう(pagzo_blogger

結論、怒られても気にしない心があれば怒られても辛いと感じません。そのためには、怒られたらすぐポジティブに変換することが重要です。

どういうことなのか、説明していきます。

目次

新入社員の3割が上司に怒られている

株式会社ジャストイットは、社会人1年目の男女100人に仕事の悩みを調査しました。

その結果、100人中30人がいつも上司や先輩に怒られるという悩みを抱えていました。

社会人1年目の男女100人に、「仕事の悩みで当てはまるものをすべて選んでください」と質問したところ、「残業が多い」と答えた人が100人中33人いました。2位に「人間関係がうまくいかない(31人)」、3位に「いつも上司や先輩に怒られる(30人)」という結果となりました。

出典:FNNプライムオンライン

新入社員の3割があなたと同じ悩みを抱えていますが、中堅社員はそれ以上に怒られるのが辛いと悩んでいます。

中堅社員は、入社して4~5年目の仕事に慣れてきた人のこと

なぜなら中堅社員は、

  • 上司からの期待値が上がり、怒られることが増える
  • 責任が重くなり、ミスが許されなくなる
  • 仕事への自信がついてくるので、怒られると凹む

中堅社員は求められるものが大きくなっていくので、怒られる機会が必然的に増えます。

あなたを始めとする中堅社員の多くは、上司に怒られて辛いと悩んでいるのです。

新入社員の3割が上司に怒られて悩んでいて、中堅社員も同じ悩みを抱えている

仕事で上司に怒られる瞬間3つ

具体的に仕事で上司に怒られるのはどんな時なのか考えてみましょう。上司に怒られる瞬間を3つ教えます。

上司に怒られる瞬間
  1. 期限を守れなかった時
  2. 失敗してしまった時
  3. やるべき仕事を放置した時

期限を守れなかった時

あなたが上司に怒られるのは、期限を守れなかった時です。

大半の仕事には期限があります。期限に間に合わないと、お客様に迷惑をかけて信頼を失うので、当然上司に怒られますよね。

僕も次のような原因で期限に間に合わなかったことがあります。

  • 期限を1週間後だと勘違いしていた
  • どう進めたら良いか分からず手が止まっていた
  • 上司に相談したが忙しいから後にしてくれと言われた

期限を守れない原因は様々ですが、理由がどうあれ期限を守れなかったという事実は変わらないので、上司に怒られます。

期限を守れないと上司に怒られる

失敗してしまった時

あなたが上司に怒られるのは、仕事で失敗してしまった時です。

  • 資料の送付先を間違えてしまった
  • 作業ミスでパーツを壊してしまった
  • お客様への連絡を忘れていた

メールアドレスの記載ミスやパーツの手配漏れなど、失敗の原因があなた以外のところにある場合もあります。

でも失敗の原因が明らかにあなたの確認不足や不手際によるものであれば、上司からひどく怒られます。

失敗の原因が自分にあると、上司に怒られる

やるべき仕事を放置した時

やるべき仕事を放置すると、上司にバレた時に怒られます。

僕も面倒くさいという理由で仕事を放置して、後で上司にバレて怒られたことがあります。

  • 進め方が分からなかったので2年放置
  • 上司に言われた仕事を忘れたふりして放置
  • お客様からの問い合わせメールを無視

仕事を進めるにあたって、すごく気が進まないことってありますよね?例えば、

  • 明らかに自分の担当業務でない仕事
  • 本気で嫌いな上司から依頼された仕事
  • 自分が苦手な分野の仕事

こなせるだけのモチベーションがないと、たとえ仕事といえど放置してしまいがちです。

仕事をやらずに放置すると上司に怒られる

上司に怒られるのが辛い理由3つ

あなたが上司に怒られるのが辛いと感じる理由を3つ教えます。

怒られるのが辛い理由
  1. 自分が情けなくなる
  2. やる気がなくなる
  3. 上司と話すのが怖くなる

自分が情けなくなる

上司に怒られると、自分が情けなくなります。

仕事で失敗したら誰だって「僕はなんてだめなんだ」と落ち込むものです。

パグぞう

失敗が嬉しい人なんていないからね

そんな凹んでいるあなたに、さらに上司は追い討ちをかけてきます。

  • 君は社会人として失格だな
  • 良い歳してみっともないな君は
  • もっと頑張りたまえ

追い討ちをかけられると、自分がとても情けなく思えてどんどん思考がネガティブになります。

  • 上司の期待を裏切ってしまった。つらい。
  • 僕のせいで周りが迷惑している
  • 僕なんていない方が会社のためになる

僕も上司に怒られ続けた結果、自分に自信が持てなくなりました。自分の意見を言うのが怖くなり、自分のせいで周りが迷惑していると思い込むようになりました。

それまでバリバリ仕事をこなしていた人ほど、自信を喪失すると打ちのめされてしまいます。

上司に怒られると、自分が情けなくなる

やる気がなくなる

上司に怒られると、やる気がなくなります。

せっかくやる気になっていたのに、上司に怒られた途端にモチベーションが下がってしまった経験はありませんか?

上司に怒られて、「よし!頑張ろう!」と自分を奮い立たせられる人は少ないです。多くの人は、悪い方向に思考が働いてしまいます。

  • 仕事辛いなぁ辞めたいなぁ
  • 自分向いてないのかなあ
  • 上司からの視線がしんどいなぁ

上司の期待に答えないとという気持ちがプレッシャーになり、やる気が出ないことも多いです。

上司は部下を励ましたつもりでも、部下のモチベーションは大きく下がっている

関連記事

モチベーションを保つ方法は、仕事行きたくない家にいたい理由6つと対処法5選【仕事サボっても意味がない】にまとめています。

上司に怒られると、やる気がなくなる

仕事の報告ができなくなる

上司に怒られると、仕事の報告ができなくなります。

  • また怒られそうだから報告に行けない
  • 今日は機嫌が悪そうだから明日にしよう
  • そのうちタイミングがあるはずだ

怒られた記憶がトラウマになって、報告を後回しにしてしまいます。話をしようとすると、怒られた時の恐怖や不安が蘇るのです。

上司に怒られると、報告ができなくなる

仕事で上司に怒られない対処法3選

上司に怒られて辛いなら、怒られない立ち振る舞いをするのが良いです。

仕事で上司に怒られない対処法3選を教えます。

仕事で上司に怒られない対処法
  • 計画的に仕事を進める
  • 過去の経験を蓄積する
  • 報告連絡相談を徹底する

計画的に仕事を進める

仕事で怒られない為には、仕事を計画的に進めることが重要です。

どんな仕事にも期限があると言いましたが、つまりどんな仕事も期限までのスケジュールが組めるという事です。

仕事を依頼されたら、まず最初に期限を確認しましょう。また期限が短い仕事や曖昧な仕事はその場で断るのが得策です。

  • 「その仕事はいつまでにやれば良いですか?」
  • 「今週は別の業務があるので無理です」
  • 「期限が曖昧な仕事は出来ません」

期限が確認できたら、期日の2日前に終わらせるようにスケジュールを立てましょう。

仕事は必ずといって良いほど、想定外が発生するものです。だから期日ギリギリのスケジュールを組むのではなく、少なくとも2日は余裕を持つことが重要です。

上司に怒られない為には、計画的に仕事を進める

過去の経験を蓄積する

仕事で怒られないためには、過去の経験を蓄積することが重要です。

パグぞう

過去に失敗したことや上手くいったことをメモする癖を付けよう

僕の経験上、仕事をこなせるかどうかは、知識よりも経験が物を言います。

経験をより多く積んでいる方が、対処が早くて次に起きることを高い精度で予測出来ます。

効率良く失敗しない仕事の進め方は、あなたのこれまでの経験ベースで決まります。

  • 前に失敗したからこの方法はやめよう
  • 前回成功したのと同じ方法で試してみよう
  • ここは人数をかけたほうが進みが良いよな

経験を蓄積して成功する仕事の進め方を選択していけば、失敗して怒られることがなくなりますよ。

上司に怒られないためには、過去の経験を蓄積する

報告連絡相談を徹底する

上司に怒られないためには、報告連絡相談を徹底してください。

  • トラブルが起きたらすぐに報告する
  • 仕事の進捗を適宜連絡する
  • ミスしそうになったらすぐに相談する

上司は部下の仕事を管理する立場にあるので、仕事の報告がないと怒られます。逆に自ら報告してくれる部下に怒ることはありません。

また悪い報告ほど早めにしてください。理由は3つあります。

  • 対処が遅れて取り返しがつかなくなる
  • 一人で不安を抱え込むのはしんどい
  • 怒られるのが最小限で済む

大事になってからでは「なぜ早く報告しなかった」とひどく怒られることになります。

すぐに報告して怒られたとしても、後々になって言うよりはそこまで怒られずに済みますし、早く報告して楽になった方が何百倍も気持ちが楽です。

パグぞう

自分一人で抱え込むのはしんどいよ。僕もミスを隠して1週間ろくに眠れなかったことがあるよ

上司に怒られないためには、報告連絡相談を徹底する

上司に怒られても気にしない方法3つ

上司に怒られない方法を教えましたが、とはいえどんなにあなたが細心の注意を払っても、上司に絶対に怒られないのは不可能です。

それはこのような理由からです。

  • 上司も人間だから、機嫌が悪いこともある
  • 価値観は人それぞれ違うから、上司とあなたですれ違いが起こる
  • 立場上やむを得ずあなたを指導することがある

今後もあなたは部下として、上司の怒りを受け止めなければいけない場面がくるはずです。

それでも怒られるのが辛いと思うなら、怒られても気にしない心を持つのが最善の策です。

怒られても気にしない心を持つ方法を3つ教えます。

怒られても気にしない心を持つ方法
  • ボイスレコーダーを隠し持つ
  • 愚痴日記をつける
  • ポジティブに変換する

ボイスレコーダーを隠し持つ

1つ目の方法は、ボイスレコーダーを隠し持っておくことです。理由は3つあります。

  • お守り代わりになり心に余裕が出来る
  • 言いたいことが言えるようになる
  • パワハラされた時の証拠になる

ボイスレコーダーは別に使わなくても良いです。ただ持っておくだけで効果があります。きっとあなたはこう思えるはずです。

  • 僕をあまり怒らせない方が良いよ。秘密兵器を持っているからね
  • ヤバい発言があったらいつでも録音できるよ
  • 本音をぶつけちゃおうかな。これがあれば言い返されても平気

ボイスレコーダーがあれば気持ち的に自分が優位に立てるから、上司に何を言われても気にしない心が身に付きますよ。

ボイスレコーダーがあれば、怒られても気にしない心が身につく

愚痴日記をつける

2つ目の方法は、愚痴日記をつけることです。例えばこのように記録します。

  • 8月1日 この期限には絶対に間に合わないと上司に言ったが「死ぬ気で間に合わせろ」と言われた
  • 8月6日 周りに相談したが誰も話を聞いてくれなかった
  • 8月8日 結局期限に間に合わず、「お前は使えない奴だ」と罵倒された

あなたの鬱憤と不満を吐き出す場所を作ることが大切です。怒られても愚痴日記に書いておこうと思えるので、冷静に落ち着いた気持ちでいられます。

パグぞう

日付も記録しておけば、パワハラに発展した時に信憑性の高い証拠にもなるよ

「今日怒られたこともしっかり記録しといてやろう」そう思えれば、上司に怒られても気にしない心が身に付きますよ。

愚痴日記をつければ、怒られても気にしない心が身につく

ポジティブに変換する

3つ目の方法は、上司に怒られたことをポジティブに変換することです。

  • 仕事が遅れたのは君のせいだぞ!
  • もっと仕事の期限を意識したまえ!
  • 創意工夫を持って仕事しなきゃだめだ!

例えば上司からこんなことを言われたら、「僕はなんてダメなんだ」と卑屈になるのではなく、ポジティブに変換しましょう。

  • 忙しいのに僕を思って怒ってくれた!感謝!
  • 怒ったのは僕に期待してくれているからだ!
  • 僕の欠点が分かったから次の仕事に活かそう!

ポジティブに変換すれば、怒られたことを前向きに捉えられるので、辛いとは感じなくなります。

実際、怒られることってそう悪いことばかりではありません。

僕も幾度となく上司に怒られてきました。改めて振り返ってみると、自分が大きく成長できたのは怒られた時が圧倒的に多いです。褒められた経験は自分にやる気と熱意を与えてくれましたが、怒られた経験は自分に「気付き」を与えてくれて、人生を変えるきっかけになりました。

思考がネガティブになると、負の感情は増幅していきます。必要以上に落ち込んだり、涙が出てしまうのはそのためです。

ポジティブに変換すれば、負の感情が増幅する前にプラスに変えられるので、怒られるのが辛いと思わなくなりますよ。

ポジティブに変換すれば、怒られても気にしない心が身につく

上司に絶対に怒られない裏技3つ

どんなに気にしないようにしても、「とにかく怒られることがどうしても辛いんだ」という人がいるはずです。

そんなあなたには、上司に絶対に怒られない裏技を3つ教えます。

上司に絶対に怒られない裏技
  1. 呆れられてしまう
  2. ヤバい部下だと思わせる
  3. ブログで生計を立てる

呆れられてしまう

1つ目の方法は、呆れられてしまうことです。

怒るのは意外と疲れるものです。それでも怒るのは、あなたに多少の期待をしていて成長して欲しいと思っているからです。

あまりにも仕事が出来なくて完全に呆れられてしまえば、期待が0になるので怒られなくて済みます。

パグぞう

「あいつには何を言っても無駄だ」と心の底から思わせるんだ

僕の周りにも仕事が出来なすぎて上司に呆れられている人がいます。でもその人たちは、毎日自分の好きなように悠々としています。

あまりにも仕事が出来ないとクビや異動のリスクはあります。でも大企業の社員ならば切られることは考えにくいですし、そもそも上司が嫌いなら異動は悪いことではないはずです。

あなたが絶対に怒られたくないのであれば、呆れられてしまうのも手段の一つです。

呆れられてしまえば、絶対に怒られない

ヤバい部下だと思わせる

2つ目の方法は、上司にヤバい部下だと思わせることです。

ヤバい部下とは、具体的にこのような部下です。

  • 気分の浮き沈みが激しく何をしでかすか分からない
  • 指導するとヒステリックになって泣き叫ぶ
  • 会話が成立しない。常識が通じない。

ヤバい人を前にすると、人の防衛本能が働きます。自分に危害が加わるのを恐れて、一定の距離を置こうとします。

パグぞう

つまり「こいつはヤバい奴だ」と思わせれば、絶対に怒られないってこと

ヤバい部下だと思わせれば、絶対に怒られない

ブログで生計を立てる

3つ目の方法は、ブログで生計を立てることです。

知らない人も多いですが、ブログを本気で収益化すればブログだけで生活することが出来ます。

パグぞう

実際にブログだけで月100万円以上稼いでいる人は沢山いるよ

嫌な仕事を辞めてブログだけで生活出来れば、怒られるのが辛いという悩みは解消します。

ブログは絶対に怒られたくない人におすすめのビジネスです。

パグぞう

ブログは月1000円ぐらいで気軽に始められるよ

ブログで生計を立てれば、絶対に怒られない

ブログは絶対に怒られない理由3つ

絶対怒られない仕事として僕はブログをおすすめしていますが、なぜブログは絶対に怒られないのか?その理由を3つ教えます。

ブログは絶対に怒られない理由
  • 期限がないので結果が出なくて良い
  • 失敗しても誰にも迷惑がかからない
  • 責任がないのでいつ辞めても良い

期限がないので結果が出なくてもOK

期限が守れないと怒られるという話をしましたが、ブログには期限がありません。

期限がないから、絶対に怒られません。

自分が勝手に始めたブログならば、10年続けて何一つ結果が出なくても、誰かに怒られることはありません。

失敗しても誰にも迷惑がかからない

仕事で失敗すると怒られるという話をしましたが、それはお客様に迷惑がかかるからです。

ブログは失敗しても誰にも迷惑がかかりません。だから絶対に怒られないのです。

責任がないのでいつ辞めても良い

仕事では役割が決まっているので、必ず責任が生じます。自分が辞めるとなったらお客様に挨拶をしなければいけないし、後任者への引き継ぎが必要ですよね。

パグぞう

「はい今日で辞めます!」なんて言ったら無責任だと咎められるよね

ブログにはそのような責任が一切ないので、突然やめることだって出来ます。気分次第でいつやめてもOKです。

理不尽に怒られているなら転職を考える

自分は全く悪くないのに、上司に理不尽に怒られているという人もいるはずです。

いくら自分の考え方や行動を変えても状況が変わらない時は、環境を変えるしか解決策はありません。

10社以上の転職サイトを使った僕が、おすすめの5社を超厳選して教えます。

転職サイトは完全無料なので、一歩踏み出す気持ちで考えてみて下さい。

関連記事

おすすめ転職サイトは、【超厳選】本当に役立つおすすめ転職サイト&転職エージェント5選【10社以上使った僕が本気で解説】2万字の特大ボリュームでまとめています。

仕事で上司に怒られるのが辛い理由と対処法3選 まとめ

仕事で上司に怒られるのが辛い理由と対処法3選を教えました。

この記事のまとめ
  • 3割の新入社員とそれ以上の中堅社員が上司に怒られることが辛い
  • どれだけ細心の注意を払っても怒られないのは不可能
  • 怒られても気にしない心を持つことが最善の策
  • 絶対怒られたくないなら上司に呆れられてしまうかヤバい奴だと思わせる
  • ブログは絶対に怒られないビジネス

怒られるのが辛いと悩む人は多いですが、怒られてばかりの人生は決して悪いものではありません。

僕は毎日子供に怒っています。それは、厳しい世の中を生きる上で辛い思いをさせたくないし、本気で大切に思っているからです。

怒られるのが辛いあなたはきっと、プライドが高くて怒られる自分が恥ずかしいと思っているはずです。

でも相手は、あなたに苦しさや惨めさを与えたいのではなく、これからの人生を本気で良くしてあげたいと思って怒っているのではないですか?

もしかしたらちょっと不器用で言い方が厳しかったり、少しだけ言葉が足りないだけなのかも知れません。

なぜ相手が怒っているのかをじっくり考えてみてはいかがでしょうか?

怒っている人の心に寄り添い、相手の胸の奥にある思いに気付ければ、前向きな姿勢感謝の気持ちは自然と湧いてくるのかも知れませんよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる