MENU
パグぞう
負け犬エンジニア
大企業で10年働く社畜|激務と人間関係で精神崩壊し逃げ出した超負け犬|5社を超える転職サイト登録&転職セミナー受講|現在は自分最優先の働き方と毎日定時ダッシュを実現

■■実績■■
☑ConoHa WING ✕ SWELLでブログ運営
☑月間1000pv、通算40000pvを獲得
☑ブログ歴3年で通算300記事超を執筆
☑Googleアドセンス合格&収益4桁達成
☑Twitterフォロワー350名突破

【仕事が終わらない】不安で泣きそうなあなたが今すぐ取るべき行動3選!

  • 仕事ありすぎて終わる気がしない
  • 同僚に迷惑をかけてしまう
  • 上司の催促が怖い

仕事が終わらないと不安ですよね。

僕も多くの仕事を一人で抱え込んで、辛い経験をした時期があります。

だから上司の催促が怖い気持ちや、同僚に迷惑をかける不安がよく分かります。

実は、仕事が終わらないあなたが今すぐに取るべき行動があります。

この記事では仕事が終わらない人の特徴5つと、仕事が終わらないあなたが今すぐ取るべき行動3選を教えます。

これを読めば、残っている仕事を早く終わらせて、明日から安心して会社に行けますよ。

結論、仕事が終わらなくて不安なら、自分には出来ないと上司に伝えて下さい。

どういうことなのか、説明していきます。

目次

仕事が終わらない人の特徴5つ

まず仕事が終わらない人の特徴を5つ教えます。

当てはまる項目があるかチェックしてみてください。

仕事が終わらない人の特徴5つ
  1. 仕事を断らない
  2. 仕事を減らそうとしない
  3. 期限が短くても引き受けてしまう
  4. 考え込んでしまう
  5. 集中できない

仕事を断らない

仕事が終わらない人は、仕事を断りません。

何も考えずに、仕事だからと何でも受け入れてしまいます。

  • 資料作成ちょっとお願いできる?
  • 明日、現場作業入れるかな?
  • これもついでにできるよね?

上司からこう言われたときに、あなたはなんと答えますか?

「はい、分かりました」

なんて二つ返事でOKしていませんか?

「すぐ終わる仕事」であっても、引き受けるかどうかは判断が必要です。

なぜなら、引き受けたら最後、同じような仕事が次々に舞い込んでくるようになるからです。

「前やってくれたから、今回もお願いしよう」

誰もがこのように考えるのは当然のことです。

仕事が終わらない人は、仕事を断らない

仕事を減らそうとしない

仕事が終わらない人は、自分が抱えている仕事を減らそうとしません。

仕事の量は勤続年数に比例して増えていきます。

勤続年数が長くなると自分がその分野に詳しい人間になるので、仕事を依頼されることが増える

にも関わらず、終わったはずの仕事がなかなか自分の手を離れないことが多いです。

仕事は意識的に減らそうとしなければ、増える一方なのです。

仕事が終わらない人は、仕事を減らそうとしない

期限が短い仕事を引き受けてしまう

仕事が終わらない人は、期限が短い仕事でも引き受けてしまいます。

「この資料今日中に作っといて」

こんな風に上司に言われたら、あなたは何と思いますか?

  1. 今日中なら急いで取り掛からなければ!
  2. 仕方ない。今日は残業して終わらせよう!
  3. なんで今日中の資料を今依頼するの?

1と2を選んだあなたは、仕事が終わらない人です。

なぜ今依頼してくるの?という疑問を抱かないということは、「上司の指示は絶対」という前提があなたの頭にあります。

そんなあなたは、上司の指示に全力で答えようと、無理にでも頑張ります。

期限が短い仕事を文句も言わず引き受けてしまうので、急ぎの仕事がどんどん増えてしまいます。

仕事が終わらない人は、期限が短い仕事を引き受けてしまう

考え込んでしまう

仕事が終わらない人は、考え込んでしまいます。

仕事は、実際の作業時間よりもどのように進めるか考える時間の方が長いです。

一人で悩んでいて進まなかったけど、先輩に相談してイメージが湧いたら仕事が進むようになった経験はありませんか?

進め方が分からなかったり、間違っていたりして考え込んでしまうと、いくら時間をかけても仕事は進みません。

仕事が終わらない人は、考え込んでしまう

集中できない

仕事が終わらない人は、仕事に集中することが出来ていません。

集中してやれば1時間で終わる仕事のはずなのに、なかなか終わらせられないことありませんか?

はっとしたあなたは集中力がないのかも知れません。

また会社にいると、外乱が多いです。

外乱とは、電話に出たり上司に話しかけられたりして、集中力がかき乱されること

せっかく集中していたのに、外乱があると進めようと思っていた仕事が進まなくなることがあります。

仕事が終わらない人は、集中できていない

不安で泣きそうなあなたが今すぐ取るべき行動3選

仕事が終わらない人の特徴が一つでも当てはまったなら、これから教える「仕事が早い人になるための心がけ」を実践するべきです。

でもその前に、不安で泣きそうになっているあなたはかなり深刻な状況です。

すぐに対処が必要ですので、取り返しのつかないことになる前に、まず次の行動をしてください。

今すぐ取るべき行動3選
  1. 先輩にコツやアドバイスを聞く
  2. 理由を説明して期日を延ばしてもらう
  3. 自分では出来ないと上司に伝える

先輩にコツやアドバイスを聞く

自分一人ではいくら考えても限界があります。

信頼できる先輩に、仕事を終わらせるコツやアドバイスがもらえないか聞いてみましょう。

経験年数を積むと、仕事のこなし方が分かってくるものです。

先輩はあなたにない知見を持っていて、あなたが知らない経験もしているので、必ず力になってくれるはずです。

不安で泣きそうなら、先輩にコツやアドバイスを聞く

理由を説明して期日を延ばしてもらう

仕事によっては、期日を延ばせるものがあります。

パグぞう

例えば説明会の資料作成なら、説明会を延期にすれば期日を遅らせられるよね

ここで大事なのは、理由を明確にすることです。

理由を明確にしておかないと、期日を延ばしてもまた間に合わない可能性があるからです。

他の仕事が忙しいことが理由なら、他の仕事を別の人にお願いするなどの対応が必要です。

不安で泣きそうなら、理由を説明して期日を延ばしてもらう

自分では出来ないと上司に伝える

情けないかも知れません。

悔しいかも知れません。

でも意を決して、「自分には出来ません」と上司に伝えましょう。

パグぞう

大丈夫。上司に何も言わず仕事を放置してしまうより100倍ましだから

誰にだって、得意不得意があります。

たまたまその仕事が、あなたに向いていなかっただけです。

「自分には出来ない」とはっきり言われれば、上司も「よし分かった」と言って、他の人に仕事を依頼します。

仕事が進んでないのに何の相談もないのが、上司にとって一番困るのです。

不安で泣きそうなら、自分には出来ないと上司に伝える

仕事を放置すると起こる3つのこと

仕事が終わらないのに何も対処せず放置すると、どうなるのでしょうか?

仕事を放置すると起こる3つのこと
  1. 身体的不調が表れる
  2. 同僚からの信頼を失う
  3. 減給や降格になる

身体的不調が表れる

仕事が終わらないのに放置していると、自分自身の精神が少しずつ不安定になります。

平気なふりをしていても、「仕事が終わっていない」という事実が脳内に残り続けます。

次第に強い不安と焦りを感じ、自己嫌悪になったり自信喪失したりして、毎晩仕事で怒られる夢を見るようになります。

やがて身体にも不調が表れ、頭痛、目眩、不眠、胃痛、手の震えなど様々な症状を引き起こします。

仕事を放置すると、不安や焦りから身体的不調が表れる

やばいと感じたら、仕事を放ってすぐに休んで下さい。仕事を休む方法は【休みたいけど休めない】有給消化率100%の僕が教える絶対に休める方法3選にまとめています。

同僚からの信頼を失う

仕事が終わっていないのに放置すると、同僚からの信頼を失います。

僕の会社にも期限を守れない人がいます。

  • 計画性がなくてだらしない
  • 期日を守る意識が低い
  • 仕事を任せられない

同僚からこのように思われ、全くといって良いほど、信頼されていません。

上司からも評価されず、サラリーマンとして致命的なハンデを背負うことになります。

仕事を放置すると、同僚からの信頼を失う

降格や減給になる

仕事が終わっていないのに放置すると、会社の損害に繋がることがあります。

上司だけでなく、もっと偉い人から怒られることになります。

損害の大きさによっては、降格や減給、最悪の場合はクビになる可能性があります。

仕事を放置すると降格や減給、クビになる可能性がある

余計な仕事を増やさない方法3つ

仕事を期日までに終わらせるには、余計な仕事を増やさないことが重要です。

余計な仕事をしていると一つの仕事に割ける時間が減り、仕事が終わらなく原因になります。

余計な仕事=自分がやるべきでない仕事や自分以外でも出来る仕事

仕事を選別することで、やるべき仕事に注力して短時間で終わらせることが出来ます。

余計な仕事を増やさない方法を3つ教えます。

余計な仕事を増やさない方法3つ
  1. 「イイ人」をやめる
  2. 仕事を手放す意識を持つ
  3. 仕事のゴールを決める

「イイ人」をやめる

仕事は簡単に引き受けてはだめです。

仕事が増えると、今抱えている仕事が終わらなくなります。

それに最初は親切のつもりで引き受けた仕事は、次からも当然のように依頼されて断れなくなります。

「イイ人」は会社では絶対的に損をします。

会社では「イイ人」でいる必要はありません。

仕事を依頼された時は、疑いの眼差しで、必ず次に3つを確認して下さい。

  • 本当にあなたがやるべき仕事か?
  • あなたにしか出来ない仕事か?
  • あなたのキャリアになるか?

一つでも確認出来なかったり、説明に納得できない場合は、依頼を却下します。

「イイ人」をやめるのは、あなた自身を理不尽な同僚から守るための手段です。

仕事を増やさない為には、「イイ人」をやめる

仕事を手放す意識を持つ

仕事は意識して手放していかないと、どんどん増えます。

勤続年数に比例して仕事は増えますが、終えた仕事はなかなか自分の手を離れてくれません。

それではいつか自分がパンクしてしまうので、終えた仕事は自分以外の人でも対応出来るようにすることが重要です。

例えばマニュアルを作って誰でも作業できるようにしたり、後輩に引き継いでおけば、自分が対応する必要はなくなります。

仕事を増やさない為には、仕事を手放す意識を持つ

仕事のゴールを決める

仕事に取り掛かる前に、その仕事はどこまでやったら終わりか?ゴールを決めましょう。

ゴールを明確にした後は、ゴールまでのストーリー、さらに具体的に行う作業をざっくりと決めていきます。

多少時間を費やしますが、何も決めないままスタートするよりもトータルで見ると断然短い時間で仕事を終わらせられます。

何も決めないままスタートすると、不必要な作業が発生して、仕事の終わりも曖昧になってしまうからです。

余計な仕事をしないよう、ゴールとストーリーを明確にする

余計な仕事はやらなくても良い

仕事は、全部やる必要はありません。

勤続年数が長くなると、少しずつやるべき仕事とやらなくても良い仕事が判断できるようになります。

  1. やらないと製品が作れなくなる重要な仕事
  2. やらないと自分の評価が下がるだけの仕事
  3. やらなくても大して支障がない仕事

仕事の優先度を決めて、3のようなやらなくても支障がない仕事はやらなくても良いです。

今の会社で上にいきたいと思っていないなら、2もやらなくても良いです。

優先度の高い仕事を終わらせるためには、仕事の取捨選択も必要です。

時間は限られているので、やるべき仕事だけをやろう

やるべき仕事が残っていても帰ってOK!

仕事が残っていても、誰だって早く帰りたい日はあります。

パグぞう

そんな日は、仕事を放り出して早く帰ってOKだよ

仕事があるからといってひたすら残業をしても、モチベーションと仕事の効率が下がり、かえって仕事が進まなくなります。

メリハリをつけることで、効率的な働き方が出来るので、仕事が片付くようになります。

  • 残業する時はガッツリする
  • 早く帰りたい日は迷わず帰る
  • 自分のモチベーションを最優先に考える

仕事を残して帰るときの言い訳は、仕事が終わらなくても帰ってOK!【脱社畜した僕が教える上手な言い訳3選】にまとめています。

仕事が終わらない人の特徴と今すぐ取るべき行動3選まとめ

仕事が終わらない人の特徴5つとあなたが今すぐ取るべき行動3選を教えました。

この記事のまとめ
  • 仕事が終わらない人は、何も考えずに仕事を受け取ってしまう
  • 不安で泣きそうな人は、「自分には出来ない」と上司に伝える
  • 仕事を放置すると、精神が不安定になり身体にも不調が表れる
  • 余計な仕事を増やさないことが重要
  • 「イイ人」をやめれば、余計な仕事がなくなる

仕事が終わらないのは、あなたのせいではありません。

たしかにあなたの仕事の進め方にも、改善できることはあるかも知れません。

でも、あなたではどうにも出来ないことが仕事が終わらない原因の大半を占めています。

それは、

  1. 膨大な仕事量
  2. 非現実的な納期
  3. 上司の管理能力の低さ

あなたがどんなに頑張っても、どんなに優秀になっても、これらは改善することが出来ません。

上のどれかが、仕事が終わらない原因ではないですか?

もしそうなら、あなたは胸を張って「仕事が終わりません」と言って良いのです。

あなたではどうにも出来ないことで、

あなたが苦しむ必要なんてありません

ここまで苦しんだあなたは、選ばれるのではなく、仕事を選ぶ権利があると僕は考えます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる